MENU

キミエホワイトを買ってみました!

@使うきっかけ

 

31歳で子供を産んで、スキンケアもまともにできない日々を過ごしているうち、だんだんシミができるようになりました。

外出するときUVケアを十分にできていなかったせいか、頬にそばかすも目立ちはじめています。

60代の母親に「放っておくと、どんどんひどくなるよ」と言われて、怖くなってケアをしようと決めました。でも、スキンケア商品を塗っても、なかなかシミはなくなりませんでした。



何か良いものはないかと探しているとき、見つけたのが 
キミエホワイト です。

いままでサプリを飲んだりしてなかったので、体の中から変えていきたいと思って、キミエホワイトを選びました。

オーダーから届くまで

 

インターネットから商品を頼みました。まず お試しで飲んでみたかった ので、1つだけ頼みました。初回限定で、1つ1,900円でした。これと送料700円と消費税で、合計2,808円です。
クレジットカードで支払いができて、便利です。オーダーして4日後に届きました。

手渡しの宅配便で、片手で持てるサイズの箱です。宅配ボックスでも大丈夫そうです。

中には、キミエホワイト本体と、冊子と明細が入ってました。
キミエホワイトは、オレンジの大きな袋に入っていました。

古風なデザインの袋で、見た瞬間

「お!なんだか本格的で効きそう!」

って思いました。冊子にはキミエホワイトをお得に購入する定期便のこと等が書いてありました。

飲んでみた感想

 

さっそくキミエホワイトを飲んでみました。白い錠剤で、水で飲みました。
変なにおいや味はまったくありませんでした。さらっと飲めて、のどに苦い感じも残りません。

まず1錠だけ飲んでみましたが、しばらく経っても違和感や不快感はなかったので、つぎは2錠飲みました。15歳以上のひとは、1回2錠を1日3回、食後に飲むといいそうです。


1日合計6錠飲みましたが、体調にとくに変化はなく、肌にも異常は現れませんでした。

1週間、毎日キミエホワイトを飲みました。
しみやそばかすが劇的に変化したという感じはしません。


でも、肌がもちっとした感じになってきて
しっとりして乾燥肌がマシになったかなという感じがします。

飲んでいると、尿がすこし黄色くなってきて大丈夫なのかなと思いましたが、これはキミエホワイトに含まれているビタミンB(リボフラビン)のせいらしく、問題ないらしいです。

続けて3週間キミエホワイトを飲みました。


なんとなく朝目覚めるときすっきりするようになって、たくさん運動した次の日でも、以前より体のだるさが軽くなったような気がします。

シミやそばかすを改善するためにキミエホワイトを買いましたが
どうやら私は 疲労回復効果 のほうがさきに実感できたみたいです。

続けて飲んでも、悪い影響はでませんでしたし、なんとなく「飲んでるから元気!肌もきれいになってる気がする!」という意識もあって、 キミエホワイトを飲み始めて良かった と思います。

1カ月で飲み終わりそうなので、続けて購入したいと思います。

キミエホワイトを飲み続けた効果

キミエホワイト、飲み始めてもう3本目突入です。


おまとめコースを買おうかなと思ったときもありましたが、私はずぼらで毎日飲まないため、2〜3カ月でようやく1本消費する程度。たくさん買って品質が劣化するのは嫌なので、毎回「なくなってきたな」と思ったころに、追加で買うようにしています。

毎回頼むとすぐに届きますし、毎回ちゃんと頑丈な段ボール箱に入ってくるので、安心感があります。


これは2017年5月に頼んだキミエホワイトですが、賞味期限は2020年3月と、かなり長持ちすることが分かります。毎回粒のそろったきれいな白い錠剤で、品質に安定感があります。


品質の持続性についてはかなりキミエホワイトは優秀だと思います。私は主人の長期休暇にあわせて1週間ほど、家族で海外旅行に行ったのですが、そのとき自宅にキミエホワイトを置きっぱなしにしていました。

1週間も真夏のダイニングキッチン、しかも窓からの陽ざしも当たるところに放置していたにも関わらず、品質は保たれたままでした。溶けるとか、色が変わるということは一切ありませんでした。


飲む時は1日2錠を目安に、だいたい3〜4日に1回ペースで私は飲み続けてきました。
飲んでいるときは、とくに体調に劇的な変化がなく、「朝ちょっと、気持ちよく起きられるようになったかな?」という程度でした。

肌の調子は、じわじわよくなってきて、最近「ここに昔あったシミ、どっか行った?!」「あれ、このへんもっとくすんでて、コンシーラー使ってたよね…?」と気付けば肌状態が良くなっていることが多くなったのです。


いまではこのような感じで、肌はなめらか、つるつるです。

自分で触っていても「毛穴がほとんど感じられない」と思うほどに、つるつるで、自分の肌に自信がもてるようになりました。…と同時に、「いままで私、どんな肌だったんだろう」とキミエホワイトを飲むまでの肌を想うと、ちょっと怖くなるほどになりました。


肌がなめらかになったおかげか、化粧のりもとても良くなったように思います。

以前のように、コンシーラーや、濃い目のファンデーションを重ね塗りすることなく、本当の意味で「ナチュラルメイク」で過ごせるようになったことが、なにより嬉しいです。


キミエホワイトは、飲むだけでなく、同シリーズでクリームも新しく販売したようなので、つぎはこれを使って、肌の上からも働きかけて行きたいなと思っています。

キミエホワイトの正しい飲み方

キミエホワイトは、1日3回、食後に飲みます。飲む量は、7歳〜15歳は1回1錠、15歳以上は1回2錠です。

ファスティングダイエットをしていて食事をしない場合等は、軽いものでもいいので、なにかお腹に入れてからキミエホワイトを飲むようにしましょう。

飲む時は、3時間半〜4時間くらい間をあけるようにしましょう。


キミエホワイトは水か白湯で飲みます。
コップ1杯(200ml)くらいで飲みましょう。

あまり少ないとキミエホワイトが十分に溶けず、効果が十分得られない可能性もあります。

熱湯や熱いお茶で飲んでしまうと薬がすぐ溶けて喉や口に残ってしまうので、ぬるめの白湯にしておきましょう。

満腹で、すぐに水を飲めないというときは、食後30分くらいあけて飲んでも構いません。

キミエホワイトは 継続して飲むこと で効果を得やすくなりますから仕事で外食するときや、旅行のときにも持っていくことをおすすめします。


しっかりコーティングされた錠剤ですので、 ピルケースに入れて持ち運びも可能 です。ただし高温多湿をさけましょう、車に放置したりトランクに入れっぱなしにすると、品質が変わってしまうこともありますので注意が必要です。

キミエホワイトは溶けやすい?!熱湯vs.水、溶かしてみました!

キミエホワイトはかなり固めのコーティングがされていますが、どれくらいの温度で溶けていくのでしょうか。お湯と水で、どれくらい差がでるのか実験してみました。


まず、キミエホワイトを2粒用意します。
青いお皿のほうに、水とキミエホワイト、黄色いお皿のほうに、お湯とキミエホワイトをいれてしばらく放置してみます。


1分経過。

ほとんど変化はありません。


2分経過。

じわじわどちらもコーティングが溶けてきたようで、白っぽいにごりがではじめました。
でも、お湯と水、どちらもほとんど差がありません。

「お湯で飲んでも水で飲んでも、溶け方に差はないのかなぁ…」と思っていたその時!


お湯のほうにいれたキミエホワイトが、ぼろっとくずれました!
そしてぼろぼろ、中の粉っぽいものがひろがっていきます。


一方、水のほうは、じわじわ溶けているものの、まだ中がぼろぼろ出てくるほどではありませんでした。いったん溶け始めたお湯のキミエホワイトは、どんどん崩れてお湯にまじって溶けて行きました。

キミエホワイト、飲む時はお湯でも水でもどっちでもすぐには溶けださないので、口のなかで溶けてしまうようなことはないようです。
その代わり、お湯の方が胃の中では溶け具合がいいので、なるべくはやく消化したい、確実に溶けてほしいという場合は、ちょっとぬるめのお湯で飲んだほうがよさそうですね。

割ってみました!

「コーティング部分はどれくらいの厚みなのだろう?」と気なったので、キミエホワイトを包丁で切ってみることにしました。


すると、コーティング部分は1ミリにも満たないほど薄いということが分かりました。もっと分厚いのかなぁと思っていたので、意外です。そのぶん、なかの粉っぽいところがぎっしり入っているのが分かります!


有効成分部分はしっかり入っており、飲めばすぐに溶けてくるキミエホワイト、かなり吸収が良さそうです。コーティング部分を分厚くして、中身を少なくしているとかではなくて良かった〜と、割ってみて安心することができました!

噛むとどうなる?やってみた!

私がキミエホワイトをさぼりがちになる理由はひとつ「わざわざ水を用意して飲むのが面倒だから」という、ものぐさ精神が原因です。そこで私は思ったのです。「これをそのまま、水なしで飲めたら、毎日飲むのも面倒じゃなくなるのでは?」と。


実際に水なしで、舐めたり噛んだりして飲めるのかどうかやってみました。


まず噛んでみました。
でもすぐ「これはダメだ!」と思いました。

なぜならキミエホワイト、めちゃくちゃかたいんです…全然かみくだけるようなかたさではありませんでした。白っぽくてなんとなくラムネっぽいかなと思っていましたが、コーティングがしっかりしていて、ラムネどころの話ではありませんでした。これは噛んで飲むのは無理ですね。

つぎに舐めてみることにしました。
下の上に置いてみると、コーティング(糖衣?)がじわっととけて、甘みがすぐに広がりました。


「案外すぐに溶けるんだ、これならそのまま飲めるかも」としばらく下の上でころころしていると…

じわじわコーティングが溶けてなくなって、「お、そろそろ中身がでるかな?」と思った瞬間、口の中がめちゃくちゃ酸っぱく!!「レモン?!ビタミンの味?!うわー!」と思ってあわてて口から出してしまいました。それほどまでに衝撃的な酸っぱさだったのです。

ちょっと汚くて申し訳ないのですが、こちらがあわてて出したキミエホワイトです。コーティングされていたものがとけて、中の白っぽくてざらざらのところがむき出しになっています。


中身は粉のようです。これがほんとうに舌にまとわりついて酸っぱい!

酸っぱいのが好きという方であれば、キミエホワイトをそのまま食べることは不可能ではないかもしれませんが…正直、まったくおすすめはしません。これに懲りて、私は今後、ちゃんと水で飲もうと思いました。

キミエホワイトの特徴

キミエホワイトのこと知っていますか?

最近シミやそばかすが目立ってきた方に、おすすめなのが

「キミエホワイト」です。

キミエホワイトは錠剤で、飲むことで体内から皮膚に働きかけていきます。

キミエホワイトには、「L-システイン」「アスコルビン酸」が含まれています。

L-システインには、メラニン色素の生成を抑えて、色素沈着を防ぐ働きがあります。

これにより、できたシミやそばかすが薄くなります。シミやそばかすができにくくなる、予防効果も期待できます。


アスコルビン酸は皮膚が産まれ変わる力を助けて、健康な皮膚を作り出す働きがあります。またアスコルビン酸には抗酸化作用もあるので、肌の老化を防ぐ働きも期待できます。

この他、キミエホワイトには皮膚や粘膜の働きを正常に保つニコチン酸アミド、リボフラビンも含まれています。



キミエホワイトは、もともと開発者が自身の母親のために作ったものです。40代の母親が、鏡を見てしみやそばかすに悩んでいる様子に心を痛めた開発者が、


なんとかその悩みを解消したい


と、厳選した成分で作り上げました。


いわば「しみ、そばかす緩和に特化した錠剤」なのです。


キミエホワイトの口コミ

良い口コミ

肌の悩みを解消できました(42歳主婦)

 

娘にすすめられて買ってみました。こちらを飲み始めて2カ月経ちますが、まず肌荒れが劇的に減りました。もともと乾燥肌だったのですが、最近はかさつくこともなくしっとりしていますし、頬のかさつきがなくなったおかげか化粧ノリもとても良いです。額にあった大きなシミは、まだ残ってますが、前に比べて小さく薄くなってきたように思います。なんとなく購入しましたが、いまやキミエホワイトが減ってくると不安になるくらいで、頼ってます。

体調がいいです(37歳OL)

 

これまで疲れてきたり生理のころになるとニキビや口内炎ができてたのですが、ビタミンを摂るためにこちらを飲み始めてからは、口内炎が減りました。毎月3〜4個できてたのが、1個になったりできない月もあるくらいです。ニキビもできますが、すぐに治るのでひどく炎症になることも減りました。他のビタミン剤も飲んでましたが、これのほうが肌に良い感じがして続けています。飲みやすい錠剤で、苦みもないですし、外出先でもさっと飲めるのがいいです。

悪い口コミ

あまり効果がないです…(20代大学生)

 

高いわりにあまり効果がないなっていうのが正直な感想。私はニキビとしみを消したかったから飲んでるんですが、2カ月飲んで、ちょっとしみが薄くなった??っていう程度です。ニキビはまだまだできます。もっと早くよくなってくるのかと思ってたので、がっかりです。正直高いし、ちがうサプリに変えようと思ってます。

白斑ができてしまった(40代主婦)

 

飲み始めてしばらくは問題ありませんでしたが、4カ月目くらいで白斑ができたのでやめました。病院に通って、白斑はなくなったので良かったですが、結局病院費用もかかってしまったし、キミエホワイトも安いものでもないし、損した気分です。白斑ができたことを製造元に連絡したら謝罪してもらえました。対応はいいですが、副作用は勘弁してほしかったです。


キミエホワイトは薬なの?

医師の処方箋なしで購入できる薬を「一般用医薬品」と呼びます。

ドラッグストアで購入できたり、通信販売で購入できるものが「一般用医薬品」です。
一般用医薬品にも種類があります。

まず、効果が強く副作用が起きる可能性もある「第1類医薬品」です。

第1類医薬品は、薬剤師による説明が必要なお薬ですので、基本的に薬剤師のいるドラッグストアでしか購入できません。ドラッグストアの陳列棚にはなく、薬剤師やスタッフに言って取ってもらって、説明を受けたうえで購入できるお薬が、この第1類医薬品にあたります。

薬は副作用が気になる

つぎに第2類医薬品ですが、こちらは第1類ほど強い副作用がないですが、副作用や飲み合わせの面で注意を要するものです。

第2類医薬品は、ドラッグストアの棚に陳列されており、自分で取ってレジへ持っていけるものです。胃薬などがこの第2類医薬品である場合が多いです。

最後に第3類医薬品
「キミエホワイト」も、この第3類医薬品に分類されています。

サプリメントレベルの弱いもの

第3類医薬品は、飲んでも劇的に体調に変化がなく、日常生活に問題を起こさない程度のものです。つまり大きな副作用が起きる心配がなく、日常的に飲めるものということです。

第3類医薬品は、キミエホワイトのほかビタミン剤や整腸剤などがあります。体の調子を整えるもの、という認識で良いでしょう。

キミエホワイトは「安心して飲めて、サプリメント以上の効果が期待できる薬」なのです。

キミエホワイトは何歳から飲んでいい?

キミエホワイトを飲んでいいのは、7歳以上の方です。

子供は飲んではいけません

7歳未満の方は、キミエホワイトを飲むことで栄養素の過剰摂取になったり、副作用が表れる可能性もありますから、服用しないようにしましょう。キミエホワイトを飲んでいるご家庭で、ちいさいお子さまがいる場合、誤飲になってはいけませんから、お子さまの手の届かないところに保管するようにしましょう。

万が一7歳以下の子供が飲んで、発疹やかゆみ、吐き気といった副作用が出た場合は、すぐ病院へ行って医師に診てもらってください。7歳以上であっても、キミエホワイトを飲むことでなんらかの症状が出る場合、キミエホワイトが合っていない可能性があります。

体調不良になったら服用を中止しよう

キミエホワイトを飲み始めて体調が悪くなったと感じたら、飲むのをやめるか、しばらく休んでみたほうがいいでしょう。キミエホワイトは基本的に副作用リスクが低いですから、重度な副作用の心配はほぼありません。

気になる持病がある方や、すでに薬を飲んでいるという方は
医師に相談してからキミエホワイトを飲み始めると一層安心です。

お試し品はないの?

肌に塗るものや、サプリメントには「お試し」がありますよね。数週間だけ安価で試せてお得なものもたくさんあります。しかし、キミエホワイトには1〜2週間だけのお試しボトルは存在しません。

これは、キミエホワイトが継続して飲むことで効果を表す薬だからです。

しみやそばかすが一日でできないように、できてしまったしみやそばかすを消すのもまた一日では不可能です。キミエホワイトを飲みながら2〜3カ月、あるいは半年以上じっくりと肌の産まれ変わりを待つことで、ようやく元の肌色を取り戻すことができるのです。

よくある「お試し」では、キミエホワイトの本当の効果を実感することができないため、キミエホワイトはお試し系の販売はしていないのです。

だし、キミエホワイトは「初回限定で安い」キャンペーンを実施しています。通常価格3,800円のところ、初回のみ1,900円。1箱の内容はまったく同じものですので、2,000円近く安く始められることになります。

1箱は1ヶ月分ですから、継続購入しようか迷っている方は、まず初回限定1,900円のものを申し込んでみてはいかがでしょうか。

お得に購入する方法


キミエホワイトをお得に購入したいなら、一番おすすめは「まとめ買い」です。まずキミエホワイトの定価ですが、1箱180錠入り(1ヶ月分)で、3,800円(税抜)です。

初回のみ、1世帯1箱限り1,900円になるので、はじめてご購入の方は「初回お申し込み」のところから購入しましょう。ただし、初回であっても5,000円未満の購入は送料700円が必要となります。

この送料をタダにしようと思ったら、5,000円以上購入する必要があります。5,000円以上にするために、キミエホワイトを追加で購入してもいいですし、キミエホワイト以外の商品を購入して、合計5,000円以上にしてもOKです。

ちなみにキミエホワイトを販売している会社は、他にひざ、腰の関節痛、神経痛を緩和するお薬や、便秘に効くお薬も売っていますから、それらの症状でも悩んでいる方は、一緒にお薬を購入すると送料がタダになってお得です。

2回目以降のキミエホワイト購入は、1箱3,800円です。複数購入することも可能ですので、2ヶ月分7,600円購入すると送料が無料になります。ご自身で2カ月使うのもよし、お友達やご家族と分けるのもおすすめです。

もちろん2回目以降も、他の商品とあわせて購入することも可能です。キミエホワイトの使用期限は届いた時点から1年以上ありますから、2〜3個まとめ買いする程度なら、余らせたり期限が切れたりする心配はないでしょう。

ただし、開封後は3カ月を目安に飲みきったほうがいいので、たくさん買って全部開けてしまうのは辞めておきましょう。

日本スキンケア協会